2011年3月10日木曜日

DMZ 6th Anniversary

3月は日本から友人達が来英ラッシュ... Rumi姉、ジャマイカから一回日本に帰ってから入った強者Skyfish、コチトラのmewちゃん、、Goth-trad君もDMZ 6th anniversaryのため来英中。

今回はそのDMZ@Mass / Brixtonの模様を写真多めでUP...

OPEN前から長蛇の列!!この写真の3〜4倍は並んでた..

入り口前のFlag.. この手前に喫煙所があって、そこのフェンスを超えて侵入する人もいたがあえなく御用されていった...

入ったらすでにGoth君は終わってた... メチャ盛り上げたらしい... ちょうどJames Brakeとkode9の時間。天井からしずくが垂れる勢いの熱気!!熱い... の図
でも期待してたJBは始めの方のGRIMEとかよかったけどあまりDMZの雰囲気とハマってなかった!?出音もイマイチ...

皆の衆... left side to Gyto, mew, Skyfish, Rumi, Goth-trad...

Loefehあたり?からターンテーブルが壊れ始めてMalaが片方でしかできなくなったアクシデントがあった.. けど昔reggaeのmcをしてた経験のあれかMCで煽って繋いでた.. respect!

というかMain roomは人多過ぎの熱気がすご過ぎ、おまけにcloakは満杯で荷物預けられない、、でJKT脱げねーわで大汗状態。。おかげであまりゆっくり音を堪能できなかった..

写真はSkream王子time... 個人的にはBengaとの時間がBestだった 彼らの音のレンジの広さと出音はこの日のFunktion oneの音を最大限に引き出してえらい低音鳴らしてた..

にしても若いお客さん達は曲知ってる!皆ベースラインのビキビキの伸び縮みの部分、知ってる!合わせて踊る!!こうやってClassicsは生まれてく..

別RoomでのZed biasもド渋モノホンエレクトロ(バキバキの方じゃねーぞ)、2step満載でよかった

お客さんも本当に様々なタイプの人(老若男女、人種混合)らが来ていて、Digital Mysticzの懐の深さとハードコアな姿勢は一貫し、様々な人々から尊敬され愛されている、と感じた夜だった

Dub stepって言葉やカテゴリーがあまり好きじゃなかったけど(もちろん音楽としてのスタイルは大好きだけど)そんな陳腐な考えを軽く吹き飛ばし、そのムーヴメントの先頭に立つ彼らの柔軟かつ強固なスタイルにdance musicとしての新たな可能性も感じれたし、、とても感路を受けました ほんとにかっこいい

Big respect to dmz & lovers at all


BTW,,,


今月末はP2SからMal & Nishi-p両パイセンが初EU入りの予定で、25日にMungo's Hi FiのホームであるGlasgowに一緒に行って彼らのパーティでDJする予定です。

31日はLondonにてBrassfootやinumikakuと共に始めるNew party「STEADI MEDI」で、両者せっかく来ているのでPART2STYLE SOUNDとしてやる予定。

その辺はまた後日....


ではリコモ