2010年6月8日火曜日

ロンドン滞在記 03





毎度です


先週は引っ越ししたり仕事が始まったりとバタバタぎみだったのでわりと週末はのんびりしてました


すでに和牛が恋しくなってきてる... でも肉あまり食わなくなった気がする


ジャンクフードもプリングルスしかうまいと思うのがないので、あまり食わなくなった カルビー食いたいけど!
しかし、このままだとお菓子食わなくても生きてけるかもしれない

新居も見つかってやっとこ落ち着いてきたのでそろそろスピーカーやタンテなどの機材集めなきゃ

音源も重量オーバーで持っていけなかったので完全体までにはちと時間がかかる  買ったレコードも聴けないのでちょと物足りない

まあ時間はまだあるので焦らず着実にいきたいと思う


先週は


こっちの友達の誘いでBRISTOLのファッション学校WINCHESTER SCHOOL OF ARTのGRADUATE FASHION SHOWを近所のBRICK LANEでやっていたので近くだったので社会見学しに行ったり 。ムスリム系の方のスタイリングがアバヤをベースにカラフルにスタイリングしててかっこよかった フューチャー・エキゾチック的な?

自分にとって得体の知れないものは魅かれるし、なんとなくその人のROOTSがシンプルな形で見えて現代もしくは未来につながっているものもやっぱりグッとくる それが両方あった感じ ファッションよくわからないけど音楽もそんなものが好きかな MYSTIC FRESH!!

さんざん褒めといて写真のやつはそれと違うけど今回AWARD穫った方のやつです


うってかわって土曜は近所で一番でかい公園VICTORIA PARKでCHILL

こっちはいたるところにでかい公園があってすごくいい ここだけでも代々木公園の2〜3倍はありそう


英国といえばのクリケットもバリバリ楽しんでます


帰りにBRICK LANE通って帰ったらVIBE BARの中庭でBBC RADIOのイベントがやってた

ちょうどYOUNG LION(BBC XTRAの専属REGGAE SELECTOR)がやっててDUB STEP混ぜながら回してていい感じだった

BAR内ではJUNGLE祭り。こっちの人はほんとJUNGLE好きっすね 誇りに思ってると思う ブラックがJUNGLEで踊るとほんといい感じ まさにジャングル


PS3的なコントローラーでDJ気分を味わえるDJゲームに熱中の少年。将来はBIG DJになるか!?



日曜はこれまた近所のマーケットの名物COLOMBIA FLOWER MARKETを物色

このマーケットは毎週日曜どっからともなくお花屋さんが集結してSTREET一本占領して花や観葉植物を露店で売ってます

花と緑と人で溢れかってます 人多過ぎでゆっくり見れないのが玉にキズ... でも普通に買うより安く買える

この通りのお店もなかなかオシャレで女子が喜びそうな感じ? (笑) 灰皿探してたんだけどグッとくるやつが見つけれてよかった 値切れたし



夜もひまだったのでOLD STREETのクラブ"EAST VILLAGE"でUK REGGAEの名物レゲエおじさんDAVID RODIGANが毎月KEEPしてるPARTY「ROOTIKAL」にいってきた

今回のゲストはASHLEY BEEDLEでゲストP.AはAFRICAN SIMBA。ストレートなダンスホール人選じゃないのはさすがのロディガンおじさん。もしくはさすがのU.K.コミニティ。もちろん"ド"な人選の日もあるけど。(次はNECESSARY MAYHEM軍団)
ここでやってるdjの人と話したんだけどMIGHTY CROWNもやったことがあるらしく、その他の曜日もJAZZY BやMILOなどもレギュラーをKEEPしてる。

ここの近所の名クラブPLASTIC PEOPLEは5月末で一旦休止。8月くらいから再オープンするそう。こっちでも風営法じゃないけど、深夜の酒の販売ライセンスを穫るのが難しくなってきてるらしくたいがいのパーティは2時くらいで終わる。でもライセンス穫ればいいらしいのでPLASTIC PEOPLEは現在申請中なんだって。


話を戻してこの日はロディガンのわかりやすいレゲエ・ファンデーションセレクションとASHLEY BEEDLEの思入れが伝わるセレクション。


これがピークタイム!こっちでDUB FIRE聴くと上がる




ASHLEY BEEDLEはDJじゃないし一曲まるまる入魂していく感じでロディガンとのPLAYスタイルが違うのでグルーヴが若干中だるみしたところで帰宅。


SUNDAYならではのゆるい雰囲気で人もほどほどでのんびり酒飲んでGOOD SUNDAYでした〜


はやく荷物来ないかな